背景

ブログ

>>前のページへ戻る

逃げられぬ段階

  • 2018年03月09日

いよいよ、佐川国税庁長官が辞任することになりました。それも、退職を間近にして。

 満願退職出来るとご本人は踏んでいたのでしょうが、そうは問屋が卸しませんでした。  「国会対応に丁寧さを欠き、審議の混乱を招いた」と会見で話されていましたが、その自覚があったならばなぜ国税庁長官の辞令を受けたのか、当時は会見で話された謙虚な気持ちなどさらさら無く、「うまくいった」とばかりに舌をペロっと出していたに違いがありません。

 また、「決裁文書の話が国会で議論となり、文書提出時の担当局長だった責任を感じた」とも話していましたから、決裁文書の書き換えを十分に知る立場にあったことを自ら認めたことになります。

 当然、与党も証人喚問を行うことに賛意を示さなければ自民党が党ぐるみで隠蔽をしようとしていることになりますから、これ以上抗っては自民党に対する国民の不信は高まる一方で、安倍晋三と心中する覚悟が必要となってきます。

 しかし、沈みかけている泥船と心中するほどの覚悟は、自民党議員の方々はお持ちではないと思います。

 全ての根源は、「安倍昭恵」であり、総理夫人という立場にありながら軽率に籠池氏の言葉に乗せられ、教育勅語を子ども達に暗唱させる姿の感動し、総理夫人付きで経産省から内閣府に出向し、昭恵夫人の秘書役を務めていた「谷査恵子」氏に力になるよう相談、谷氏が財務省本省国有財産審理室長に依頼していたことを示す籠池氏へのファックスが明らかになったことから、この問題が始まりました。

 谷氏もイタリア大使館へ栄転(国外へ飛ばし口封じとした)、彼女も佐川氏と共に全てを知る人物であり、谷氏も証人喚問する必要があります。

 事は夫(安倍晋三)も巻き込んだ国家的にも重大な岐路に立っていますが、当の昭恵はノー天気にスキーや趣味にと遊び呆けています。

 そしてこの問題は、関わる近畿財務局の職員を追い込み、首つり自殺を招きました。

 残念ながら大きな犠牲者まで出してしまったことになります。

 来週からの国会が大きな山場となるのは必至、この通常国会で事の真相を国民に明らかにして欲しいと思います。


Copyright(C)高橋とおる後援会 All Rights Reserved.