背景

ブログ

>>前のページへ戻る

柳瀬氏の嘘

  • 2018年05月11日

 昨日行われた参考人招致に関わる国会の委員会をラジオで聞いていましたが、理路整然と答えている柳瀬氏にかなりの違和感を感じました。

 参考人招致までに与野党で攻防が有りましたが、その間に綿密にシナリオが描かれていた事が想定されるほど流ちょうな答弁でした。

 しかし、嘘を通すためには、さらに嘘を積み重ねるしかない事が今日の夕刊ではっきりしました。

 柳瀬氏は参考人質疑で、「愛媛県の職員が同席していたのか記憶にない、メインテーブルにいた加計学園の関係者とは話をしたが、その後ろには10人くらいの同行者がおり、その中にいたのかも知れない。中心的に話をした人は覚えているが、そうでない人は忘れる。名刺の交換はしたかも知れないが、調べたところそんな名刺は無く、廃棄したのかもしれない。」などと答えていましたが、その答弁に対し、愛媛県の中村知事が記者会見で県職員と柳瀬氏が交換した名刺や、柳瀬氏に説明するために作成した文書を公開、県職員がメインテーブルに座り、県の考えをきっちり説明したことを含め「嘘は他人を巻き込む事になる」と反論しました。

 一方、柳瀬氏と一緒に面会したとされる文科省・農水省の参事官も、この場面に同席していたことを明らかにしました。

 完全と思われていた嘘の壁に、かなりのダメージとなる穴が開き始めました。

 まさしく、愛媛県の中村知事を参考人として招致し、嘘を白日の下に曝して欲しいものだと思います。


Copyright(C)高橋とおる後援会 All Rights Reserved.