背景

ブログ

>>前のページへ戻る

我が世の春

  • 2017年12月06日

 6日付けの日刊ゲンダイに、「大企業23社巨額内部留保リスト」という記事が掲載されました。

 1位トヨタ自動車18兆851億円、2位三菱UFJフィナンシャルグループ10兆6806億円、3位NTT8兆4882億円、4位ホンダ6兆8840億円、5位三井住友フィナンシャルグループ5兆7941億円、6位日産自動車5兆1666億円、上位6社が5兆円以上で、これにNTTドコモ、みずほフィナンシャルグループ、三菱商事、キャノン、KDDI、ソフトバンクグループ、JT、三井物産、デンソー、JR東海、日立製作所、富士フィルムHD、野村HD、新日鐵住金、ブリジストン、ソニー、セブン&アイHD・・・等が続いていますが、いずれも4兆円未満2兆円以上の内部留保です。

 そして、トヨタやホンダなどの自動車会社は、1年契約を5年繰り返すことによって期限付きの有期雇用から期限の無い無期雇用の制度を手に入れることの出来るという、生産部門の主力を担っている季節労働者が期待している無期雇用制度を事実上取り入れないように、5年間のうちの6ヶ月間契約を介助するという姑息な手段を持ち込もうとしています。

 さらに、これまでも法人税減税などの優遇税制を受けているにも関わらず、減税の継続を求め、政府は、企業の減税を継続するためにサラリーマンなどの所得税の控除にまで手を付け、実質の増税を行おうとしています。

 一方で、自民党への企業献金は過去最高となっており、企業と自民党だけが「我が世の春」を満喫しています。

 どこから見てもおかしい姿ではないでしょうか。


Copyright(C)高橋とおる後援会 All Rights Reserved.